ここは小さなベビ待ちサロン

赤ちゃん

不妊治療は心も身体も、そして経済的な負担も大きいもの。 不妊治療そのものが強いストレスになってベビ待ちの妨げになることも。 だからこそ出来るだけ明るい気持ちでベビ待ちしましょう。 鍼灸治療ではほとんどの方がウトウト眠ってしまいます。 鍼灸はストレスに晒された自律神経を調整するのでリラックスして眠くなります。

ある日、ご自分の心も身体も温かくなっていることにふっと気が付いて、以前と違う自分がそこに居ることを実感するでしょう。

初診時は他の予約を入れません

不妊治療はとてもプライベートでナイーブなもの。 出来れば他の人には聴かれたくないですね。当院では初診の場合は可能な限り他の患者様の予約を入れないようにして、ご家族やご友人にも話しにくいお悩みを不妊カウンセラー(日本不妊カウンセリング学会認定)の院長がじっくりお聴きします。 そして心情も含めたお身体全体の状態を把握してその方に最も合った治療を組立てます。

厚生労働省の「人口動態統計」によると平成23年の新生児出生数は約105万1千人で昨年比2万人減、これまでの最少記録を更新しました。日本の女性が一生に産む子供の数(特殊合計出生率)は23年1.39と前年の1.37より少し改善したものの、まだ低い状態が続いています。

妊娠にも期限があった!・・・妊娠に対する常識が覆されてしまった!

「結婚して子供を生み育てる」・・・・当たり前だと思っていたことがそうではなかった。
不妊治療の扱ったTV番組の放映は「~卵子の老化により妊娠にも期限がある~」という内容は世の中に衝撃を与えました。
年齢に伴い卵子の老化が進み、30歳代半ばを境に妊娠に至る可能性が加速度的に低下する…その年齢層に近い女性に厳しい現実を突き付けました。40歳を過ぎた有名人が妊娠・出産したというようなニュースを見て、「自分もまだまだ大丈夫…」と思っていた方々の常識が覆させられてしまったからです。

知られていない現状・・・6組に1組が不妊傾向

我が国では「2年以上通常の性生活を営んでも妊娠に至らない」場合を不妊の定義としています。
前記の番組以降「私も不妊症かもしれない・・・」と、産婦人科を訪れる患者さんが増えたと言います。
統計的にはカップル6組に1組が不妊傾向にあるといわれていますが、非常にプライベートな内容であることから「人知れず不妊に悩むカップル」を含めると更に確立が高いと思われ、ことさらカミングアウトすることではないだけに実際にはとても身近な問題なのです。

誰にでもあり得る不妊の可能性・・・不妊で悲しむ方を減らすために

この不妊増加の背景には女性の社会進出による晩婚化や価値観の多様化、また子供を生み育てにくい社会環境など様々な要因があるでしょうが、最大の要因は教育の不備にあると思います。それは女性に限らず、男性にとっても言えることです。妊娠には期限があることを知らないがために大事な機会を逃したり苦しんだりしている方がどんなに多いことか。
不妊症の原因について、社会的な不妊要因を除外し純粋に医学的な観点からみると、不妊原因の約30%は女性に、他方約30%は男性に、27%は男女双方に原因があり、残りの10%前後は原因が不明な不妊とされています。従って不妊は女性だけの問題ではなく男性にとっても身近であり、誰にでもあり得る問題なのです。

だからこそ知って欲しい不妊治療の辛さ・・・重くのしかかる負担

最新の調査では体外受精や顕微授精や配偶子卵管内移植などいわゆる高度生殖医療(ART:assisted reproductive technology)の治療件数は24万件といわれ、その中心年齢層は30歳代後半です。
この年齢層の方、特に女性にとって仕事を持っていらっしゃる方は治療のために仕事を抜け出したりしなければならず精神的負担は相当なものになります。仕事の有無に係わらず一般的に女性の方が各種検査やホルモン剤の注射など身体的、精神的に負担や治療に対する不安が大きく、経済的負担は男女双方にとって相当重くのしかかります。正に二人で力を合わせて戦わなければならないのです。

不妊カウンセラーと東洋医学だからできること・・・不妊治療の伴走者として

不妊治療を受けている患者様は、治療の内容や自分の体の状態について知りたいものです。でも忙しい医師にはなかなか質問することが出来ません。私達、不妊カウンセラー(日本不妊カウンセリング学会認定)はこのような患者様のお話にじっくり耳を傾けることにより不妊治療に係わる精神状況や不安・疑問を理解し、一緒に考えながら負担を軽減する努力をします。
西洋医学は各種の薬や手術などいわゆる「シャープな治療」を得意としています。近年、非常に良い薬が開発されたり、また負担の少ない手術方法が開発されたりと格段の進歩を遂げ、治療効果を高めています。 鍼灸や漢方など東洋医学はシャープではないけれど、患者様が本来持っている体の力(生命力)を高める治療により妊娠に適した体に近づけていくことを得意としております。良い作物が育つように畑の土作りや水はけなどの環境を整えるようなものです。
このように西洋医学と不妊治療を受ける側の心理を理解しながら東洋医学の良いところを合わせ業として治療できる・・・これが当院の最大の特徴だと考えております。

このページのトップへ

予約・お問い合わせ
  • 当院ではお待たせしないために
    予約を優先しております。
    予約・お問い合わせはお電話またはお問い合わせフォームから送信してください。
受付時間
月~金 10:00~12:00
14:00~19:00
土曜日 11:00~12:00
14:00~17:00
祝日 11:00~14:00
日曜日 休診

初めての方へ

カルテをダウンロードして、予めご記入のうえお持ちください。
ダウンロードに30秒ほど要します。
もし、ダウンロード出来ない場合はおいでになってからご記入頂きます。

最新妊活スタイル2018年7月発行に当院が紹介されました

最新妊活スタイル2018年7月発行に当院が紹介されました

赤ちゃんが欲しい
2016 秋 Autumn号
ママになりたい
あなたのためのオススメ施設
に当院が紹介されました
Copyright (C) 2014 丘の上鍼灸院 All Rights Reserved.