明かりが見え始めている?

Covid-19の感染爆発が猛威を振るう中、菅首相は会見で「明かりは見え始めている」と述べました。これを聞いて殆どの国民は「???」と思ったのではないでしょうか。緊急事態宣言を全国への拡大を検討すると述べている同じ口が逆のことを言っている。こちら口は空いたまま塞がりません。
失敗の本質―日本軍の組織論的研究(中公文庫)をみると、菅首相はこの大本営の失敗を見事に全てトレースしている。 具体的には科学を軽視し、自分思い込みで事を進め、他人の話は聞かず、意に反した人は切り捨てる、最初に決めるべき具体的目標と優先順位、それを実現する戦略も定めず、対策と言えばただの様子見、一方で国民には多大な我慢を求め、自分たちの責任は常に棚上げ。
そもそも最初からオリンピック・パラリンピックのためにPCR検査を抑制して表面的に感染件数を少なく見せるという姑息な方法を取ったため結果的に潜在的な感染を増幅した。
それは墨田区が徹底的にPCR検査で初期段階の感染を把握、治療して重傷者0、自宅療養者0という結果を出しているのを見れば、「早期発見、早期治療」という医療の大原則こそが正し事の証明と言える。 菅政権の重症者優先入院とは対極であり、中等症者自宅療養にいたっては大本営の棄民体質そのもの。今こそ臨時国会を招集して野党と力を合わせて国家の非常事態に対処する手だてを講じる時ではないでしょうか。

関連記事

  1. もう一段気の緩みを戒めて